Collection


フランス人でLAを拠点に活動するデザイナー AHLEM。アクネやミュウミュウなどのアパレル経験を経て、機能性とファッション性が共存するアイウエアの世界へ。AHLEMのデザインに対する考え方は20世紀初頭のバウハウスムーブメントに強く影響を受けており、アートを日々の生活の中に溶け込ませることを意図し、決してトレンドに左右されるものでは無い。常にシンプル、快適、そして美しいデザインを目指している。デビュー時のプロトタイプの段階からパリのコレットのバイヤーに高く評価され、同店の導入が決定。その後LAの名店、フレッド・シーガルや他の有名眼鏡店からも評価された事から、気に入っていたLAへの移住を決意。シンプルさと美しさ、機能性を追求し、流行に左右されないデザイン性とさりげなくあしらわれた繊細なディテールはフランス人である彼女ならではのエスプリとLAのリラックスした雰囲気を併せ持っている。パリをこよなく愛するAHLEMはパリの建築や人から強くインスピレーションを受けており、モデル名もパリの通りや地域の名前をつけている。製造はフランスのメガネの生産地として有名なジュラ地方のオヨナックスの職人により一つ一つ手作業で丁寧に作られている。


AHLEMの商品在庫等に関するお問い合わせは、CONTACTもしくはお電話にてお願いいたします。


【 HIGH POP SIMPLE MADE 】

みんなが笑顔になる新感覚アンダーウェア・ブランド 「BETONES(ビトーンズ)」

 

【 プロフェッショナルも推薦するアンダーウェア 】

BETONESは各業界のトップアスリートから様々なジャンルのプロフェッショナルをサポート・ご使用いただき、皆様から高い評価を頂いております。

 

【 クリエイターがデザインするアンダーウェア 】

様々なジャンルのデザインを手掛けるデザイナー達が集結し・完成したデザインの宝庫。

他には無い独自の世界観とラインナップが魅力です。



New Tradition - 新しき伝統 -

 

1984年、創立時に製造していた社名を冠したブランド“ボストンクラブ”。

今では見かけなくなったセル巻きや、彫金模様のフレーム、伝統を着崩したプレッピーな跳上げに、

メタルとプラのコンビ枠など、当時の若者の間で流行していた少しルーズでクラシカルなスタイルを、

今のデザインの中に落とし込み、新しいブランド”BOSTON CLUB”として蘇らせました。

 

同社で保管されていた約30年前の金型や図面を利用した優れたデザインの復刻を軸に、

メイドインジャパンの新たなジャパニーズトラディショナルを提唱します。



「CLAYTON FRANKLIN」は“古いものが時代を経て新しいモノとし て生まれ変わる”をデザインコンセプトとし、クラシックな装いなが らも、まったく新しいデザインを提案しています。

ヨーロッパ、アメリカをメインターゲットとしてコレクション展開を行う日本では数少ないドメスティックブランドとして有名です。

その世界標準で物作りを行うその姿勢は、海外において、日本のブランドのデザインとクオリティーが認められると示した草分け的存在として 眼鏡業界では知られています。

そして、そのコレクションは眼鏡の深い知識に裏づけされ、使用する材 料から、細部のデザインにまで、きめ細やかでこだわりを持った日本人 らしい繊細なアイテムを制作しております。

1930~1940年代に欧米で興隆した彫金フレーム、1970年代の厳格な装いのドイツフレームなどをモチーフに用い、製作されたフレームは独自の世界観を放っています。



1969年に設立された、イギリスの高級アイウェアブランドCutler and Grossは、イタリアの最高級の職人技と、信じられないほどクールなスタイルを組み合わせています。ファッションの衰退期に設立されて以来、何十年もの間、Graham CutlerとTony Grossのアイコニックなフレームは、ファッション、アート、デザイン、音楽、映画の世界で最も有名な顔の多くを飾っています。近年では、COMME des GARÇONSやMaison Margiela、ケイト・モス、JAY-Zなどファッション感度が高いセレブリティとコラボレーションしていることからも、いつの時代も常にCUTLER AND GROSSが、ファッションの中心にあり続けていることがわかります。歴代愛用者には、芸術家のデイヴィット・ホックニー、マノロ・ブラニク、グレイス・ジョーンズ、マドンナ、リアーナなど、数え切れないほどの時代を超えたアイコンたちに愛され続けています。 重厚でいて繊細、サラリとした雰囲気が漂う独特のフィニッシュが魅力です。



エトニアバルセロナ(Etnia Barcelona)は、幅広いカラーや一時の流行にとらわれないデザインが特徴的なスペイン・バルセロナ発のアイウェアブランド。

 

アートや写真とファッションの繋がりを意識し、アート作品に着想を得たコレクションなども発表しています。

 

一見派手に見える個性的なカラーラインナップは、時には華やかに、時には若々しくなど、日常の様々なシーンに合わせて目元を演出してくれます。

 

情熱の国 スペイン のイメージがたっぷりと詰まった元気いっぱいのアイウェアコレクションをお楽しみください。



EYEVANは1972年に「着る眼鏡」をコンセプトとして生まれた、日本初のファッションアイウエアブランドです。
世界中から収集したアンティークアイウエアをデザインソースに、当時のEYEVANデザインチームが美意識と感性を加え、熟練の職人によるハンドメイドで仕上げられた美しいアイウエアは世界中に多くの愛好者を生み出しました。
当時のEYEVANの商品は今も色褪せる事が無く、そのプロダクトや手書きの図面からは生産者や職人の高い技術力、当時のデザインチームの想像力と強い熱意を感じ取る事が出来ます。
視力矯正道具としてそれまでのネガティブなイメージを払拭する美しいデザインと、ジャパンメイドの確かなクオリティは、ファッションアイテムとしてアイウエアを楽しむという新しい潮流を作り出しました。
その後、EYEVANブランドは一時休止しましたが、様々なアイウエア・ファッションブランドのデザインと生産を請け負うことでアイウエア業界に大きな影響を与え続けました。

そのEYEVANが2018年より復活し新たなコレクションを生み出しています。



1895年フランツ・ファルケ氏によってドイツで設立された靴下メーカー。設立当初から人間工学に基づく機能性を重視した物作りに徹し、素材開発にこだわり続けています。ヨーロッパではビジネスラインの紳士ソックスやパンティーストッキングに定評があり、デパートやセレクトショップで必ず出会えるほど大変ポピュラーなブランドです。

 

人間工学に基づき開発されており、足の形に合わせ左右非対称のデザインにすることで、より心地良いフィット感と歩きやすさを実現。左右履き間違うことのないよう、つま先にはRとLのマークが入っています。

 

また、肌に触れる商品として素材開発にも余念がありません。天然繊維と耐久性・防湿性に優れた化学繊維を組み合わせることで、丈夫で長持ちする「抜群の履き心地」を実現した商品を展開しています。



フレンチヴィンテージは、“アートピース”とも称されるほどの独創性を持つ。現代の技術では表現し得ない生地や、昨今の眼鏡が効率と引き換えに失ってしまった細部への作り込み。当時のフレームは、一つひとつが希少で、同じものを入手することは非常に困難である。

 

ヴィンテージアイウェアの専門店は、日本にそう多くない。“デッドストックのみ”を取り扱う店舗となると、その数はさらに限定される。「SPEAKEASY」オーナー山村将史と「Fréquence.」オーナー柳原一樹の2人は、フレンチヴィンテージに精通した数少ない専門家として、これまでに多種多様なフレームを発掘し、日本に紹介してきた。

 

2人はまた、共著で出版も手がけている。フレンチヴィンテージがひときわ存在感を放ち、世界最高の品質を誇っていた1940年代から50年代にかけてのフレームを一冊に纏め上げ、書籍「FrameFrance」として世に送り出した。

 

フレンチヴィンテージは汲み尽くせることの無い豊かな表情を見せてくれる一方で、同じものが製造できない以上、やがては枯渇してしまう有限の資源である。フレンチヴィンテージの世界観を現代の技術で再現し、より多くの人へ伝えていくために、guépardは誕生した。



HAANは2019年に誕生したスペイン発のハンドクレンザースプレー。

 

「Easy」「fashion」「Portable」「Sustainable」をコンセプトにヨーロッパを中心にシェアを拡大しています。生産をスペインのバルセロナで行いボトルは100%リサイクル可能なポリプロピレンプラスチックを使用、環境保全の取り組みも行っています。

 

アルコール65%の除菌スプレーには、アロエベラが配合されており、アルコールによる手荒れを防ぐ配慮もされています。

 

植物由来の5つのフレグランス、携帯しやすいおしゃれな薄型ボトルは、いつでもどこでも除菌をしながら保湿効果と香りを楽しめるアイテムです。



70年代後半より、ヨーロッパの眼鏡業界で長年の経験を積み、アランミクリ、スタルクアイズをはじめ、数々のヒットブランドに携わってきたジャック・デュラン氏。 彼が作るフレームは、レトロですが、クラシックとは一線を画しています。ブラッシングにより艶を消した表面加工やフラットなフロントデザイン。製造はすべてフランスとイタリアで行うと共に材料や各パーツの製造業者・工房を明らかにしています。

腕の下のような見えない部分にブランド名やモデル名を刻印するなど、彼のウィットに富んだセンスが随所から伺えます。代表的なモデルは“PAQUES”。坂本龍一氏が愛用しているメガネフレームとして脚光を浴びています。


JACQUES DURANDの商品在庫等に関するお問い合わせは、CONTACTもしくはお電話にてお願いいたします。


スウェーデン西海岸の街ヴァールベリに伝わる伝統的スパ療法をベースにし、2008年に創設されたライフスタイルオーガニックスキンケアブランド、L:A BRUKET。

海と陸から採れるハイクオリティなオーガニック素材を、丁寧に調合したプロダクツは、海岸地方の過酷な天候や強い日差しを生き抜いた自然の恵みがたっぷりつまっています。毎日の15分の習慣が、今日より明日の美しい肌をつくる。ありのままの素材を生かすシンプルな製法、機能的でスタイリッシュなミニマルボトル、そして心を癒やす贅沢なアロマの香りで幸せを生み出すスウェーデンのリラクゼーションを体感してください。



デザイナーのフィリップ ハフマンス(Phillipp Haffmans)とハラルド ゴッシュリング(Harald Gotischling)が 学生時代に考案した画期的なスクリューレスヒンジは当時のアイウェア業界に強いインパクトをあたえました。Ic!berlinの立ち上げを経て、2005年【MYKITA(マイキータ)】を設立。クールでモダンなアイウェアを展開しています。
 
MYKITAの代名詞とも言えるシートメタル、シャープなラインで上品に仕上げられたルックスが印象的なセルフレーム、大胆且つ繊細な要素を併せ持つサングラスラインなど、全てにおいてそれぞれに合ったスクリューレスヒンジを採用し「美とテクノロジーの融合」という独自のアイデンティティを確立しています。Bernhard WillhelmやRomain Kremer、DAMIR DOMA,そしてMaison Margielaといった時代の最先端を走るファッションデザイナーとのコラボレーションを通して、パリやニューヨーク、ロンドン等のファッションの世界においてもその存在が注目されています。



ジュエリーデザイナーであり彫刻家、インスタレーションアーティストでもあるEvan Sugerman。長年に渡りRick Owensのアクセサリーをコラボレーションしてきた事でも知られています。

ブランド名"PARTS OF FOUR"には色々な意味が込められています。直訳すると「4つの部分」。私たちの身近には4という数字が多数存在します。例えば四大元素"風・土・水・火"、四季、四方位、あらゆるものを包み込んで形を作るとともに物事を安定させる力を持つ四角形など...ミステリアスでスピリチュアルなパワーを持つ"4"を大切にしています。

製品は、熟練された職人が1点1点をハンドメイドで生産し、ミニマルかつ退廃的な作品が多いのが特徴です。彫刻やヒュージングの技法を用いて、鉱物・金属・木材・骨・レザーなどの異なる素材を見事に調和させたコレクションとなっています。



世界を代表するラグジュアリーブランド、TOM FORD

 

グッチ・イヴ サンローランのクリエイティブ ディレクターとして活躍した後、2005年からは自身の名を冠したブランドを設立。

グッチにおいては、従来のエレガンスなクラシック路線からモードへと変化させ、スタイリッシュなコーディネートとゴージャスな素材使いでイメージを大幅に刷新。独自のセクシーなイメージを確立し、世界中にグッチブームを再燃させた。

 

アイウェアにおいても、アダルトな気品と色気のある特徴により圧倒的知名度と人気を誇ります。代表的なボリュームのある黒ぶちフレームには「力強く、タフでしかもセクシーであるべき」というブランドコンセプトがつまっており、それらの洗練されたクールなデザインは多くの人々を魅了しています。フレームサイドにあしらわれたアイコニックなTマークは、大人らしいリッチな目もとを演出してくれます。



Concept
「Neutral」(ニュートラル)
無垢なデザインと構造美。
シンプルでありながらも、独自の存在感を併せ持ちトレンドに左右されること無く、個性を引き出すアイウェア。

Philosophy
「Tradition & Innovation」(伝統と革新)
日本の伝統的な職人技術と革新的なデザインで新たなメイドインジャパンを追求します。
YUICHI TOYAMA.の必要最低限に削ぎ落とされた構造と機能の美しさは、世の中の様々な道具に込められた機能美に相通じる何かを感じさせます。

「YUICHI TOYAMA.」
デザイナーは外山雄一。
2009年設立のブランド「USH(アッシュ)」から名称変更し、2017年春夏コレクションよりスタート。
ブランドポリシーは「伝統的な技術と革新的なデザイン」。
外山氏が自身に課した5つのルーティン(見る、考える、描く、作る、壊す)を根幹にデザインをしたフレームは、独創的でありながら、ユーザーの日常に寄り添うプロダクトとして国内外にて高い評価を得ています。